投資マンションを売却する術|大切な資産を手放す時

不動産投資で人気の投資法

模型

低リスクで安定した収入

資産を増やすためには色々な方法がありますが、土地を持っている人に最適なのがマンション経営です。なぜアパート経営よりもマンション経営がいいのかというと、部屋数が多いので家賃収入が大きくなるからです。マンションを建設する資金は銀行からの融資になりますが、今は低金利時代なのでローンの支払いも少なくて済みます。マンション経営のリスクは空室が出ることですが、マンションなら総戸数が多いので一室や二室が空室になっても他の部屋の家賃収入でカバーすることができます。アパート経営の場合は戸数が少ないので、一室でも空室が出ると経営が圧迫されてしまいます。またマンションを建てる時には銀行から資金を借りてローンを組みますが、その時に団体信用生命保険に加入することになります。これは借り主に万一のことがあった場合、残りのローンを支払わなくてもいい保険なので、家族に資産としてマンションを残すことができます。土地を持っているとそれだけで課税対象になりますが、マンション経営をすることによって節税効果が得られるのです。例えばマンション管理のための経費などを必要経費として確定申告すれば、所得税や住民全の還付を得ることができます。マンション経営にはこのようなメリットがあるので、土地を持っている人には最適の投資法なのです。株投資のように一挙に大もうけすることはできませんが、毎月決まった家賃収入が入るので、特に老後の生活を安定させたい人には向いています。